top of page
  • 執筆者の写真陽紀 政久

能登半島一周合宿【2日目】

初めまして。49期ツーリング班、社会学類2年の政久陽紀です。 この度、8月24日~26日にかけて能登半島を一周する夏合宿を開催しましたので、その様子をブログにて報告したいと思います!

本記事では2日目の25日の様子を紹介していきます。0日目~1日目、3日目の様子も公開していますので、そちらもあわせてご覧ください! それでは見ていきましょう!


【2日目】

8月25日(金) 穴水~輪島


前日のうちにコンビニで買っておいた朝ごはんを食べ、7時半ごろにチェックアウトを済ませて出発しました。

ちなみに今回は奥能登応援旅行割というキャンペーンを利用していたので、宿泊料金2割引き&2000円分のクーポン入手という特典を得ることが出来ました!この朝食もクーポンで購入したので、食費の節約につながりました。笑


改めて「農家民宿 菜々」さん、お世話になりました!!



相変わらず2日目も天気に恵まれ、綺麗な日本海を右手にぐんぐんと進んでいきます。




すると、突如巨大生物が目の前に現れました! これは写真を撮るしかない!!ということで、ちょっと寄り道...



巨大生物の正体はイカでした。 このイカ、作られた当初はお金の関係でだいぶ批判を受けたようですが、今は観光名所になっているということで一件落着しているそうです。まぁイッカ、ということですね。はい。



気をとりなおして再び走ります。 穴水を出発してから70kmほど進んだ先に珠洲(すず)という街があり、そこのショッピングモールにあった食堂でお昼を食べました。


政久は刺身定食、森木は冷やし中華をいただきました。美味しかったです。



珠洲を出発してひたすら海沿いに走ること約25km。よしが浦という場所に着きました。 海を目の前にエモめの写真を撮れるスポットを発見✨つかの間の休憩をとりました。



まだまだ走り続けます。

すると、右手側の海の手前に塩田が現れ始めました。能登半島北部の海岸沿いは、塩田による塩の製造が盛んなんですね!初めて知りました👀


よしが浦から15kmほど走った先にある「道の駅 すず塩田村」で休憩をとりました。 塩を全面にアピールしている場所で、塩ラムネと塩ソフトクリームを補給食にしました!炎天下を走り続けてきた体に染みわたるようで美味しかったです!!



道の駅を出発するころには、時刻は16時近くになっていました。ゴール地点である輪島へと、さらに進みます。


そして10kmほど進んだところに、2日目最後の観光スポットがありました。

かの有名な、千枚田です。



徐々に黄金色に色づいてきた稲穂と背後に茂る青々とした森、そして目の前に広がる穏やかな日本海。

最高の景色でした。

駐車場からのびる階段を下ればより近くで見ることができたのですが、正直この時の我々にはそんなことをする体力も、時間的な余裕もありませんでした(泣)


わずか数分の滞在を終え、再び輪島を目指します。あともう10kmほどのところまで来ていました。


そして17時頃、ようやく輪島に到着しました!お世話になる「民宿 わじま」さんでチェックインを済ませ、すぐさまお風呂で汗を流しました。


そのあとは近所のコインランドリーで洗濯をし、それが終わった20時ごろから夜ご飯を求めて輪島の町を浴衣で闊歩しました。


2日目も前日と同じように奥能登旅行割のクーポンをもらっていたので、奮発してふぐ料理を食べたいねと話し合っていました。


が!しかし!!その日は輪島で大きなお祭りが行われているとのことで、目星をつけていたお店はどこも臨時休業ばかりでした!!悲しい~~~

そんな中でやっと見つけた「カフェレストラン マリナーズ」さんに入店。

森木はふぐドリアとふぐバーガー、政久はふぐバーガーとカルボナーラをいただきました。




ふぐバーガーはパティにふぐが使われており、魚ならではの優しい味と食感で美味しかったです。ふぐドリアも森木から絶賛されていました。


宿に戻ってからはジュースと夜食のカップ麺を食べながらバスケW杯を観戦していました。ドイツ相手に奮闘する選手たちの姿を見て、我々も元気をもらえました!


これにて2日目は終了です!走行距離は142km、獲得標高は1119mでした。



最後に、例のごとくオフショットを載せて2日目のブログを終わりたいと思います。 0日目・1日目、3日目のブログもあわせてご覧ください!!





閲覧数:90回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page