• 礼音 中村

グラベルとツーリング両方楽しみたい方向けの自転車紹介!

更新日:5月14日

 

 46期の中村元主将の中村礼音です。2022年度は筑波大学体育会サイクリング部に26名ものの新入生が入部してくださり非常にうれしく思います。

 さて、昨今の自転車業界ではグラベルバイクブームが過熱しており、多くのメーカーが新しいグラベルロードモデルを出すようになってきました。一方でオンロードのロングツーリングの方も変わらず人気でグラベルとツーリング両方を楽しみたいという方が大勢いると思います。

 そこで今回は、グラベルとツーリング両方楽しみたい新入生の方向けに僕個人がおすすめする10~15万円台の自転車の紹介をしたいと思います。



1 - NESTO GAVEL ¥115,500∼



写真参照元:ワイズロードオンライン


   値  段  :★★★★★

   積  載  :★★★★★

ツーリングとの併用:★★★☆☆


 NESTOは日本のスポーツバイクメーカーでメリットといえば、なんといっても安い!!

他の自転車メーカーと比べても類がないくらいに安く、GAVELの場合は11キロと少し重量は重いもののフロントフォークやシートステーにもダボ穴が付いておりキャンプ用品は十分積載できます。GAVELの商品はワイズロードオンラインで紹介されていましたので、気になる方は自転車の写真をクリックしてください(これから紹介するすべての自転車の画像に販売元のリンクが埋め込んであります)。ちなみに¥115,500と¥139,700の値段の違いは2021年モデルか2022年モデルかの違いであり性能に遜色はありません。






2 - JAMIS RENEGADE ¥118,800∼


写真参照元:ワイズロードオンライン


   値  段  :★★★★☆

   積  載  :★★★★★

ツーリングとの併用:★★★☆☆


 JAMISはアメリカのメーカーでピンキリですが安いモデルだとNESTO同様にかなり高コスパで購入することができます。まさにアメリカのグラベルバイクって感じの配色センスと丈夫なフレーム形状が魅力です。¥118,800のモデルにはClaris、¥143,000のモデルにはSoraのシフトとリアディレーラがそれぞれつけられています。個人的にはSoraモデルの方をおすすめします。¥143,000のモデルは上で紹介したGavelと同性能のため、NESTOほどコスパが高くはありませんが、アウトドア感満載のフレームが好きな方はJAMISを選ぶといいと思います!こちらも同様にリンクを貼ってありますので参照してください。






3 - FUJI JARI ¥139,700∼




¥148,500

写真参照元:ワイズロードオンライン


   値  段  :★★★☆☆

   積  載  :★★★★★

ツーリングとの併用:★★★☆☆


 FUJIも日本の自転車メーカーで中でもJARIはグラベルバイクを探すうえで外せないモデル。一方でJARIの重量は12kg近くと他のグラベルバイクに比べても少し重量が重いです。しかしその分太いフレーム形状といい、剛性はピカイチでグラベルライドにもってこいの自転車です。ワイズロードのグラベルロード販売ランキングでもJARIがトップでした。






4 - CANNONDELE TOPSTONE


写真参照元:ワイズロードオンライン


   値  段  :★★★☆☆

   積  載  :★★★★☆

ツーリングとの併用:★★★☆☆


 CANNONDELE TOPSTONE。個人的に今回紹介する自転車の中で一番デザイン性が高いと思うメーカーです。CANNONDELEとはもともと軽量のアルミを使ったフレームを多く出しており、軽やかな走り出しができると思います。フロントシングルといって前の方のギアリングを見てもらえればわかると思いますが、1枚だけになっています。フロントシングルはグラベルライドの時には非常に使いやすくて便利ですが、ツーリングと併用したいと考えた際には変速できる幅が足りないと感じると思います。そのため、ツーリングと併用するというよりももうグラベルを中心に乗りこなしてやる!っていう人やすでにロードバイクを持っていてグラベルバイクも新しくほしいって思っている人向けの自転車です。大学の近くにSpaceZeroというCANNONDELEの商品を取り扱っているお店がありますので、そちらでTOPSTONEの商品があるか確認してみるといいとおもいます。






5 - TREK DOMANE


¥157,300

写真参照元:ワイズロードオンライン


   値  段  :★★★★☆

   積  載  :★★★★☆

ツーリングとの併用:★★★★★


 最後に紹介するバイクです。それがTREKのDOMANE。写真のものはSoraモデルです。競技班2年生が写真のモデルの色違いを乗っています。こちらは積載量もタイヤ幅もグラベルに十分対応しているのに加えて、ツーリング用のコンポーネントをしようしているためツーリングも不満なく走ることができると思います。写真のリンクをたどってワイズロードオンラインから買うこともできますが、つくば駅の南の方にONTHEROADというTREK専門のお店にもきっと置いてあると思うのでこちらもぜひ確認しに行ってください。






最後に

自転車選びはある程度思い切りが大事です。迷ったら先輩に相談して十分な性能を持っていることが確認出来たら即購入しましょう!(笑)

閲覧数:100回0件のコメント

最新記事

すべて表示